相続税の節税で大切にして頂きたいこと

 

こんにちは。佐崎税理士事務所の所長、佐崎肇です。

皆さんは相続税の節税で一番大切なことは何だと思われますか?

税金を少しでも安くする為に、生命保険に加入すること、生前贈与を行うこと、賃貸物件を購入すること、などと思われていませんか。

これらのことも重要なことではありますが、私が一番大切だと思うことは「相続税の申告期限までに相続人間で、争いなく遺産分割協議をまとめること」だと考えております。

理由としては、「小規模宅地等の減額※①」と、「配偶者の税額軽減」という制度を適用するために、期限内※②までに遺産分割協議をまとめ、「遺産分割協議書」を申告書に添付して、提出することが条件となってくるからです。

(※①「小規模宅地等の減額」とは、被相続人の居住または事業の用に供していた土地の評価を最大400㎡まで、最大80%評価減することのできる制度。

※②期限内とは、相続開始があったことを知った日から10ケ月以内。)

 

それでは円満に遺産分割協議をまとめるには、どうしたらいいのでしょうか。

それは、財産を持たれている方が、生前にどのように遺産を分割したいか、ということを検討されて、遺言書を作成することです。まずは「遺言書に財産を持たれている方の意思を残す」ということが非常に大切だと思われます。

尚、遺言書の作成方法は3種類あり、自分で作成する「自筆証書遺言」、公証人役場で作成する「公正証書遺言」、自分で作成した遺言書を公証人役場で保管してもらう「秘密証書遺言」があります。

この中で私のおすすめは「公正証書遺言」になります。こちらは手数料がかかり、作成時に2名の証人が必要とはなりますが、書き方のミス等による遺言書が無効となるリスクは避けることができます。

 

弊事務所では、まずは何から始めたらいいのかわからないお客様のために、相続税の無料相談会を開催しております。

経験豊富な税理士が、皆様の大切な遺産のために、節税対策から相続税申請に至るまでを全力でサポートしておりますので、お気軽に問い合わせ頂けましたら幸いです。



Sazaki office © 2021. All rights reserved.