相続税の申告

税制改正で、平成27年1月以降の相続から基礎控除が下がったことにより、相続税はどなたでも申告納税する可能性のある身近な税金に変わりました。

相続税は、被相続人から相続又は遺贈により財産を取得して、課税価額(※①)が基礎控除額(※②)を超えた場合に超えた分について相続税がかかります。つまり、基礎控除を超えるかどうかだけで申告が必要かどうかが決まります。

※① 課税価額とは(遺産合計-債務葬式費用+被相続人からの贈与財産)

※② 基礎控除とは(3,000万円+600万円×法定相続人数)

相続手続きには申告期限が設けられておりますので、早めのご準備と対策が必要です。

相続放棄の届出 相続開始があったことを知った日から3ケ月
相続税申告期限 相続開始があったことを知った日から10ヶ月

<無料相談会>

弊事務所では、他府県からも依頼実績のある、経験豊富な税理士による無料相談会を開催しております。どのくらいの遺産から相続税を申告する必要があるのかをわかりやすく説明いたします。また預金残高、不動産、保険金などの金額と、相続人の数から、概算でシミュレーションいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

<相続税申告の進め方>

1 資料収集

まずはどんな遺産があるか?資料収集をお願いします。遺産を漏れなく申告するために、残高証明書その他様々な資料が必要となります。弊事務所から必要な資料リストをお渡しするので収集頂いた後、財産漏れがないかチェックいたします。

2 財産目録の作成

頂いた資料を基に、財産の価額を計算し、財産目録を作成いたします。それをベースに遺産分割どなたが何を引き継ぐかをご検討いただきます。

3 遺産分割シミュレーション

検討いただいた遺産分割の内容から相続税を計算し、二次相続対策も含めて節税できるかアドバイスいたします。

4 遺産分割協議書・相続税申告書の作成

二次相続も踏まえて遺産分割案を決定し、これらに基づいて遺産分割協議書と相続税申告書を作成いたします。

5 相続登記のご紹介

遺産分割協議書から不動産は相続登記が必要です。司法書士と連携しながら、スムーズな登記ができるようご案内いたします。

Sazaki office © 2021. All rights reserved.